野生のエーデルワイス②

今日も3時過ぎまで仕事。こういう天気の悪い時は・・得した気分ですねー。

帰りは砂崎から鹿部大沼と回って帰りましたが・・大沼の例のフクロウのとこさらに木を切った跡が・・。
車の中からフクロウいるかチェックしたいというだけで・・・他人の土地、しかも自然公園区域・・・一切かまわずやりたい放題・・渡島支庁に報告するしかない・・無念。

他にもフクロウ出る場所あるけど・・・「フクロウを守る会」とかが柵まわしたり・・ロープはったり・・カメラマン同士が自己規制したりしてます。
砂崎や有名探鳥地でも・・監視する人がいたり、カメラマン同士が自己規制し、マナー違反の人に注意したり(雪玉ぶつけられたオバサンいたよねー)・・・たいがいベテランの仕切り人がいて、その人が注意したりするもんだけど・・そういう意識のない人ばかりだと・・・最悪だねー。

野鳥の会もこういうことはノータッチで・・苦情や非難は・・・写真撮ってる有名人?ということで・・・行ったこともないまともに来るし・・マナー悪軍団からはきらわれるし・・・かわいそーなまとも・・・・誰かなぐさめてください(菓子折り持参で・・・)。よろしく。

で・・・鹿部の本別漁港に寄ったんだけど・・あのオオバンまだいるんだよね。海にオオバンというのがどーもね。コクガンもまだいるしキンクロなどカモも多いけど・・・先年来たツクシガモは見当たらず・・
c0229170_19523078.jpg

このカモは白が目立つ・・・やはり「エーデルワイス」・・高貴な白の仲間・・かと。

明日はひさびさ檜山・八雲方面行こうと思うけど・・・ユーラップにこの時期きてた・・ヒメハジロ(写真は道外)・・この子も「エーデルワイス」ですね。他の色も光のかげんで変化するし・・きれいでかわいいカモです。
c0229170_19592438.jpg


明日は早起きしてマプーに会いたい。
マプーは自分で・・口ひげ?がエーデルワイスと言ってるけど・・。
今まで見た中(イタチ科)で一番のは・・・「巨乳編」にも登場した・・この子ですねー。
c0229170_2032564.jpg


テンの毛皮は昔の貴族王侯のコートになりました。シロハヤブサも王族でなければ所有できなかったし・・・
そういうんを・・我が手におさめられる(写真でだけど)・・わが身の幸せ・・最高です・・これで金運と女運でもよければ・・今死んでもいいと思うけど・・・・無念!
# by mmatomo | 2010-03-21 20:10 | Trackback | Comments(0)

まだ早いけど・・・花と野生・・エーデルワイス

さっき雷で・・・停電しました。
雨で・・かなり雪がとけてしまい・・・まとも家のまわりにはフキノトウがたくさんです。
エンレイソウやえんごさく、フクジュソウ、オトギリソウ、ヤマハハコなど・・まとも家のまわりは花が咲き誇ります。(この家住宅ローン返済のため格安にてお譲りします。どーぞ)

ヤマハハコといえば・・・あのエーデルワイスに似た雰囲気ありますよね。
北のエーデルワイスといえば・・・友の会つあーで2度訪れた・・礼文島のレブンウスユキソウですが・・
c0229170_22121231.jpg

霧の中のウスユキソウ・・・水滴がついて・・ホント小さな花だけど・・最高でしたねー。

で・・・この礼文島は「花の島」として有名ですが・・コマドリとか野鳥も多く・・みなさんも機会あったら一度訪れてみてください。
また野ネズミ駆除のため昭和初期にイタチが移入され・・・あるブログにはこのウスユキソウの礼文林道での写真が掲載されています。
エーデルワイスとは「高貴な白」という意味だそうです。なんか・・シロハヤブサのイメージだけど・・この方のお口のまわりも白・・
c0229170_2253279.jpg


マプーとエーデルワイスの競演撮れたら・・死んでもいいです(早く死ねって?誰だ?)

まあ本格的な「花と鳥」は・・・どっかのやらせじゃなくても・・・エゾカンゾウの季節になれば・・ノビタキとかツメナガセキレイとかシマアオジとかわりと簡単ですよねー。
これは濃霧の湿原ですが・・・
c0229170_22353135.jpg

晴天の逆光とかもきれいです。順光だと・・即絵葉書です。

まとも的にはセンダイハギやヒオウギアヤメとコヨシキリ・ノビタキとか・・砂崎や静狩でよく撮りましたねー。
またその季節になったら・・当時のポジとか紹介しますね。
# by mmatomo | 2010-03-20 22:42 | Trackback | Comments(2)

まだ早いけど・・・花と鳥その一

今日ひさしぶりにマプーと目が合い・・何枚か写しました。
まとも家のコンポストは・・窓のすぐ外にあるけど・・・料理が納豆卵かけご飯メインで・・それにサケとかがつくくらいで・・それも2・3日に1回ぐらいなので残飯はあまり出ません。

窓あけると、ヒヨドリ、ミヤマカケスが待機してるので・・マプーが出たら、こいつらを一喝して追い払いますが・・ヒヨドリはそれでも来るので・・マプーはビビリます。
トキを襲うのは・・・無理ですねー。
c0229170_210497.jpg


「鳥と花」・・・春は「桜とメジロ」とかが撮りやすいけど・・この写真(原版はポジなので、もっときれいです)
我が町の公園はソメイヨシノ中心なので・・できればエゾヤマザクラの吸ってくれるといいんだけど。
c0229170_2155636.jpg


以前オニウシ公園・・・桜の時期に「オオルリ」が多かったときあって・・この鳥なら染井吉野でもなんでも、うれしんだけど・・今年はどーじゃろ?
これは去年の(木は桜じゃない)公園のだけど・・・やはり花ほしいよねー。
c0229170_21121060.jpg

その②に続く・・。
# by mmatomo | 2010-03-20 21:12 | Trackback | Comments(0)

動物撮影と砂崎岬の真実

テンのいる場所に・・・トキの飼育小屋つくったら・・・食われないよーに万全を期すべきですよね。
環境省の甘さとゆーか・・・・無知な設計・下請け業者も問題です。

もともと・・イタチ科の動物は・・鶏小屋とか襲えば全滅させたりすることもあり・・・今回のニュースで
勝手な人間たちの・・印象が悪くなるのでは?と・・ちょっと心配。

野生動物の撮影は・・昔から餌付が中心みたいで、
夜行性の動物の写真は・・宮崎学の「けもの道」みたいな自動撮影のとか・・餌付けして夜来るのを待つとか・・・
あと生ゴミコンポストに来たマプーとか(笑)・・旅館のロビー・食堂(の外)に来て人気者になったキテンやクロテンはだれでも写せるけど・・・プロカメランも撮影にきてるのが面白いとゆーか・・
c0229170_1172684.jpg
これは谷地温泉のキテンですが・・・以前定山渓のホテルにも来てましたね。上ノ国とか今がねとか個人の家にもけっこう来るみたいです。
以前長万部のメインストリート・・ペアで走ってるのいましたが・・さすが北海道ですねー。

餌付けで問題になるのは・・・その餌の内容と・・それをあてにして・・野生児でなくなることとか・・ですねー。
キツネが交通事故にあったり・・胃からプラが出てきたりとか・・。野生が食べてもだいじょうぶなものを・・餌の少ない冬季だけ・・少量・・たまにあげるというのが・・まあ許される条件かと。
谷地温泉とかだいいちのクロテンなんかは・・・まあいいかな。宿の営業・観光の役に立ち・・こどもや一般人の野生教育とか・・いろいろ。
c0229170_1131044.jpg


これが鳥の場合だと・・最悪のケースもあります・
カワセミやヤマセミの撮影で自分だけの場所で餌場をつくる(これも河川敷は公共だし・・あくまで了解得た土地なら)とか、施設や観光船が拾い食いする野鳥(トビ・ワシ)を寄せるとか・・個人宅の餌台で冬季だけとかなら・・その内容に注意すればいいんだけど・・・
まあ・・完璧自然の撮影より・・2~6割方写真価値下がる(笑)ので・・・それだけいいの撮ることが必要となります。

最悪の場合とは・・・生きているものを狩るタカ類・・・たとえばシロハヤブサなども餌付で撮ろうというケースです。
昔・・まともに「すぐ来てーっ、ひどいことしてる!」という電話があり駆けつけると・・室蘭ナンバーの車がいて
カメラマンが二人・・鳩を生き餌につるして・・足がちぎれそうになってて・・砂崎岬の入り口・・・釣り人や散歩の一般人もとおる場所で撮影してて・・注意すると
「写真集を出すようなプロとかはみんなこうやって撮るんだ」と食ってかかりました。
近くに野鳥の会の某支部長がいたので、この話をしたら・・笑ってるだけでした。

この連中の後にも・・今度はねずみ・ジュウシマツ・ハトを積んで全国を回っているというカメラマンが・・牧場の中に鳥かごを設置(無許可)し・・・自然な狩りの生態を記録しようとしていたまともたちのところには来なくなり・・・このときのはあの淡色型のスノーだったけど・・鳥かごの近くにいすわるけど・・食えないという状況・・
結局それ以降この「最も美しかったシロハヤ」は姿を見せなくなりました。
c0229170_1228288.jpg


柵を破って入り・・牧場の中に入る(承諾得ていたのはまともだけ)地元のカメラマンが・・うしろめたいので・・仲間に教え・・るという悪循環が続き・・これは多くの眼で監視するしかないということで・・・
まともは良心的な人たちにお願いしたり・・・新聞テレビで一般人にも広報した結果・・・毎日何人かは訪れるようになり・・・
一部の悪質カメラマンもひと目気にして・・悪いことができなくなりました。
これが10年連続飛来(幼鳥・成鳥・・個体は毎年違うけど)という・・越冬環境保全につながりました。

まとも的にはスノーとダークでほぼ目的を終えていたので・・・あとは来る人のガイドと「監視」が中心でしたが・・勤務の変更とか地元の状況も変化したので・・あまり砂崎には行かなくなりました。

数年後からほとんどこなくなり(来るけどすぐいなくなるという情報も)ましたが・・・まとものころと比べ・・ベストポジションの灯台付近施設できたり杭立てたりとか状況の変化はあるけど・・
砂採取の車は走ってないし、馬も歩いてないので・・来ない理由はシロハヤブサに聞かないとねー。

餌のカモメや海鳥は以前と同じ・・・人間のせいではないと・・願います。
# by mmatomo | 2010-03-20 12:30 | Trackback | Comments(0)

尾岱沼の変形太陽と走古丹

ゴジラ岩のブログ見ると・・・流氷の再接近はない・・・かと。
まとも的には・・明日も午後から仕事だし・・・3連休とはいえ遠出はできんので・・どーでもいいけど・・気になる道東。
「尾岱沼温泉シーサイドホテル」のブログ・・グリーンフラッシュの変形太陽とか出てるので・・晴天予報のときはねらってみてください。
日出ずる大地「道東」は・・本別海の一本松とかも面白い。夕陽はキリタップや野付・・そして斜里側もおもしろいときあります。
c0229170_012185.jpg
光る海はいいけど・・ワシとは言わん・・せめてカモメでも飛んでくれたら・・・。

シーサイドのブログには走古丹でシカ・タンチョウ・ハクチョウのスリーショットとか・・タンチョウとワシ(阿寒のセンターではない)とかもあって・・うまく入れると面白いね。
エゾシカは千頭はいる・・かと。
c0229170_054819.jpg
これはまとも風「幻想的・夢の中を駆ける」とゆーようなカットで好きなんだけど・・

去年この写真を撮ったあと・・愛車ハヤブサ号が鹿とぶつかり・・・大破しました。
こいつらはいきなり飛び出してくるので・・みなさんも気をつけてください。
c0229170_0104563.jpg

# by mmatomo | 2010-03-20 00:13 | Trackback | Comments(0)

イソガシー・・

年度末で非常に忙しく・・・かつ頼まれた原稿書きがあり(1円にもならんけど・・)・・かつランキングポイントも低いので(笑)・・・書き込みは明日・・書けるかな?・・ど0でもいいだろーけど・・。ごめん。
# by mmatomo | 2010-03-18 22:37 | Trackback | Comments(0)

花とリス、スズメにシロフクロウ

年度末は忙しく・・・今帰宅しました。
今我が町の住民だけで作ってる「自然ガイドブック」。
これから原稿チェックあるので・・今日は少し。

◎ 花と野生

野生たちの撮影をしてて・・・手前の枝がじゃまだとか・・背景がきたないとか・・横に空き缶が落ちてるとか・・
せっかくのいい被写体・いいシーンがぶちこわしになることが・・よくあります。
それはそれで自然なんだ・・・とは思うけど・・・できればきれいに写したい。
ということで・・・これからの季節は「花」がアクセントとゆーか・・たとえば桜とメジロ・・それもソメイヨシノではなくエゾヤマザクラとか・・・浦臼神社の「エンゴサク・カタクリとエゾリス」とか。

浦臼神社の場合・・・餌付けだし、カメラマンおおいので・・有難味と価値は落ちますが・・初心者の人や一般の人連れてくと、けっこう喜んでもらえます。

旭岳は花の季節・・高山植物とノゴマなんか楽しいですね。
c0229170_22514638.jpg
これはイワブクロとシマリス。餌で寄せてるわけではないので・・・どこに出るかわからん・・・感と読みと運ですねー。

◎ 見なれた鳥を写す

今回のガイドブック・・「図鑑の部」で・・・写真なくて困ったのが・・・カラス・トビ・ツバメ・ムクドリでしたー。
普段見かけてもシャッター押さないので・・・後悔しました。
c0229170_230840.jpg

あと・・・スズメさんやカラスも・・電線上でなく、こんな場所とか・・少しカッコよく撮ってあげれば・・・・喜ぶかも。

◎ 珍しい鳥。

あーもう時間ないので・・・これについては後日。
毎年探すシロフクロウ・・・今年は小川地区にいけなかったけど・・・まさかシロフクロウ来てないだろーね。
c0229170_2372714.jpg
珍鳥は・・・わりと近寄れること多いですよね。
トビはすぐ逃げるけど・・・シロハヤは10メートル前であくびしてますからねー。

最近ランク落ち気味で・・書き込み意欲失せるので・・一日1回よろしく・・。
人気ブログランキングへ
# by mmatomo | 2010-03-16 23:08 | Trackback | Comments(2)

いい写真って・・・

今日オホーツクの海明け宣言がありましたねー。
知床半島の先端付近(遠いけど)にはまだ流氷あるみたいなので・・風向きによっては羅臼に最接近あるんだろーか?ああ・・真っ白のアザラシ・・今年も無念?・・かと。

野鳥情報・・・今日も話題なし・・無念。
投稿アンケートは・・80代の男性の方が・・40代の女性に若返り性転換し・・しかも北海道から青森に夜逃げしたんだけど・・まともが面白がって消さずにいたら・・・気分悪いので削除して・・とゆー読者の声があり・・残念ながら消すことにしました。
ちかいうちにまたやりますので・・・。とりあえず今までのアンケート順番にやってきます。
(それまで↓のコメント欄によろしく!)

「おまえは自分の写真が一番と思ってるだろ」というのが今日のコメントでしたが・・・これは半分当たって半分は?ですねー。
誰でも自分の写真が一番好きだと思うけど・・・
シロハヤブサのカット一番多く持ってるから・・一番すごいとかきれいとかだとは言えないですよねー。
タンチョウの写真・・他の専門の人に比べたらあまりないけど・・・あの白い息の写真は・・他の人に負けないと思うし・・・イタチの写真はいまんとこ一番だと思うけど(マプーばっかだけど)・・柴犬は・・チコママさんに遠く及ばず・・・いい写真とか・・最高の写真って基準ないしねー。

たとえば・・・1Ds・400mm・をトリミング
c0229170_2147401.jpg
羅臼でみんなが撮りたい朝日の写真・・まともは上の朝日面白くないので・・上カットしてポーズのきまってるこのカット写真展につかいました。。これを朝日がないから価値無しという人とか・・図鑑写真専門の人なら「なんじゃこりゃ」と怒るかも。

で・・こういうカットは・・・図鑑の飛翔写真とかにはいいけど・・・写真展には当たり前すぎてちょっとねー。
c0229170_21552145.jpg

数羽が舞うとか、雪降ってる青空(以前紹介)とかなら面白いけど・・。

もうすぐ大沼公園にはオオワシ来るけど・・こういうカット(ポジフィルム)。
c0229170_2204626.jpg
写真展向きでも、図鑑向きでもないけどまともの好きな写真。
こどもたちや地域の人達への・・自然紹介イベントで・・「体の大きなのがオンナ。態度もデカイでしょー」「頭下げて卑屈にきげんとってるのが男」・・とか・・使える写真なんです。

「いい写真」はその人の好みや価値観・・そして使用目的によってまったく違ってきます。
最低の基準って・・・・ピントがあってるか?ぐらいかな?・・・わからん。

明日以降は撮影マナー・環境問題など・・順番に。人気ブログランキングへ
# by mmatomo | 2010-03-15 22:11 | Trackback | Comments(0)

野生(野鳥)写真・・まともの場合

今帰宅しました。
予想通り・・・鵡川はハクチョウとマガンだけ・・・苫小牧演習林もカメラマンとウオッチャーだけ・・・道の駅の焼き肉だけが・・・成果(安くてうまい)・・かと。

で・・・昨日の続き。茂辺地の海にコクガンが100近く。けっこうな群れになってました。あとはシノリとか。
松前の海は波がすごいのでその迫力うつそうとしましたが・・・やはり鳥入らんとつまらん・・ウが飛んでくるのあったけど・・・今度は荒波の迫力がうすれて・・・無念。
c0229170_22542532.jpg


ついでに・・同じカードに写ってた(先日室蘭)・・これがほんとの「凍りガモ」。嘴の凍ったオオハクチョウの写真どっかで見たけど・・・北の海の迫力を感じます。
c0229170_233566.jpg


◎ 今回の投票は数は少ないけど・・コメントも参考になるし・・・ありがとうございます。

まともの場合は・・野鳥と写真は同時進行・・・もともと動物(文学・民俗狩猟の中の)とくにヒグマは好きだけど・・・鳥はちょっと・・とくにシギチやカモ・カモメなんかはまったく興味なかった(今もだけど)ので。
雑誌「フォトテクニック」の・・「自然」「風景」「行事祭り」「女の子」「イメージ」などいろんな部門に投稿しほぼ毎号掲載してもらい・・・中橋富士夫先生には・・いろいろアドバイスいただき・・あのころは充実して楽しかったー。
鳥は・・・ビーパルランド事務局長として・・・自然情報提供するために始めたんだけど・・・野鳥の会に入会し、鳥類保護連盟のy先生とか・・あの伝説のバーダー・・ハネダさんと出会ったのが大きい。
「野鳥・野生写真」は・・アニマやいろんな写真集の影響も大きく・・・
シマエナガやシロハヤブサとの出会いが・・決定的ですねー。

北海道の自然が好きなので・・北方民族・アイヌ関係や・・周はじめのエッセイや写真にはまりました。
星野道夫の世界は・・・スケールが違うけど・・・
北海道でもここういう雰囲気の写真撮れるし・・まともの場合・・「北の野生」がテーマです。
c0229170_23342281.jpg

# by mmatomo | 2010-03-14 23:35 | Trackback | Comments(2)

今日は松前・・明日は苫小牧

今朝は大荒れの天気で・・午前中職場で検査作業の立会他。
午後から友の会のおばさま連中と自由市場・・・それから松前道の駅で買い物したいというので・・送迎食事で今帰宅。最近遠出してないので・・・打ち合わせとゆーか・・会員サービスというか・・これが昔みたいに・・若いコの相手であれば楽しいのに・・・無念。(ここ見てないので・・正直に書けるかと)

秋の渡りの時期にぎわう駐車場に一台もなく・・・荒れる海を何枚か写したけど・・・鳥はいらんので今日のアップはなし。
帰ってから流氷状況見たら・・・終わったなという感じ。
クラカケアザラシの赤ちゃんは今年も・・無念。親と2歳児の写真はあれど・・真っ白の赤ちゃん撮りたい!
c0229170_22183486.jpg

んーそうだよね。真っ白の写真よく見るけど・・こういうビミョーなのもいいかも。ゴマちゃんの・・兄さんかと。

流氷の海にはクリオネ君もいるんだろーけど・・・来年は4月までいてほしい。
タテゴトアザラシの赤ちゃん撮影つあーもあるけど・・・北海道で写したい!
c0229170_22235912.jpg


現在の「投票」見ると・・・鳥みてるうちに写真撮影するようになった人多いですね。こういう人は生態とか識別詳しいので・・このブログ・コメントでいろいろ教えてほしいです。

すごいウオッチャーだったハネダさんに・・「見てるだけでよくがまんできるね」と言ったカメラマンがいるらしいけど・・じっくり見るのにカメラはむしろじゃまですよね。

まともの場合は・・・見てるだけではがまんできません!
いいシーンや珍しい鳥に出会って・・写せなかったら・・・無念じゃーすまん。

あと・・・・・まず写して・・帰ってから図鑑で調べるというのが・・今もあります。

野鳥撮り始めたのは古いけど・・・1996年から2000年代前半までは・・・祭り・よさこい中心だったので
その間、野生の写真あまりありません。
シロハヤブサやいろんな鳥・たち・・もっとちゃんと写しておけばよかったと・・後悔ばかりです。
c0229170_22515619.jpg


羅臼・道東ひんぱんに行くようになったのも・・ここ2・3年。しかも・・友の会のメンバー(写真・野鳥・・素人多い)と一緒なので・・成果はイマイチ。
一人で行ったほうがいいのはわかるけど・・・経費みんなで分担せんと・・自己破産してしまう・・無念。

明日もメンバー3人連れて苫小牧方面行ってきます。
報告は遅くなる・・かと。
# by mmatomo | 2010-03-13 22:59 | Trackback | Comments(0)