木の実の季節  コクワと栗

今日はひさびさに片づけや事務仕事。
タイヤも冬用に変えて・・・林道少しだけチェック。

エゾライチョウの気配はまったくなく・・・わが母校・・石谷旧小学校の近くでシマエナガの声近いので停車。
チラと姿見たけど・・・写真撮れず・・無念。あと小さい猛禽の後ろ姿。

で・・・今日の林道・・・栗のイガだらけ^^。
「北の野鳥」さんのブログでも栗のこと書いてたけど・・・本当に、今年はすごい!

二十年ぐらい前にも、栗の実りが最高のときあって・・・当時まともは、猟銃を背に^^山を歩きまわり・・・出勤前の成果・・どうぞ。
c0229170_19521641.jpg


わが町の町木は「栗」・・・茅部栗は小粒で甘く・・・・4千年前・・縄文のころより準主食。
「森町の花と野鳥」の資料編に、小林露竹先生の詳細な記述ありますが・・・町全域に600万坪栗林!があったという・・・・すごい。
今は・・薪炭材・開拓期の鉄道枕木などに乱伐され、面影なし…無念。

森町に伝わる・・ポロシリの神の子・・・英雄ヤムポウが内地より栗を持ち帰る・・波乱万丈の叙事詩^^・・・後日紹介します。

さて・・・木の実をあてにしている動物たち。
クマさんも鮭ばかり食ってるわけではなくーー
c0229170_2158387.jpg


主食は・・春はせり科などの草、秋は木の実・・硬い皮のから・・・サルナシ・・コクワやマタタビなどの漿果

c0229170_2114351.jpg
c0229170_211521.jpg


最近エゾライチョウ見かけないのも・・・林道上に落ちてるご飯より、こういうのおいしいからかも^^。

まともも。。生食の他・・昔は果実酒などよくつくりましたねー
c0229170_21372186.jpg


なつかしいビキン川流域も・・・こういう果実(栗は見かけなかったね)のころ、行ってみたいですねー^^。
同行参加希望の方^^・・・どーぞ。

追伸:
  ヒグマは食べたものがすぐ排出されるので・・・ウンチもくさくありません。
 コクワなどのフンは・・とってもいいにおいで^^ジャムのようです。

   ジャムといえば^^・・・昔北大のクマ研で・・・ジャム状のスイカのフンを食った(食わされた)^^当時の一年生によると・・・・外見はきれいだけど・・・苦くておいしくなかったらしい^^・・・どーでもいいけどー^^。
c0229170_2215432.jpg

by mmatomo | 2014-10-16 21:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mmatomo.exblog.jp/tb/22814294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 急なおでかけ 駒ケ岳と恵山 >>