渡り総集編・・クマタカ

今日はひさしぶりに早く帰れましたが・・土日は予算作業で、3周連続休日出勤です。

土日に仕事入って、晴天だと頭にきますが・・明日のように荒天が予想されると・・なんかうれしい。
(おでかけ予定してた方>ごめん)
まあこれで・・今年の渡りは終了と思うけど・・今年一番うれしかったのは・・あこがれのクマタカ撮れたことですねー。
シロハヤブサのポジは何千枚もあるけど・・クマタカは・・まだ野生写真やってない20年以上前に・・クマ調査の途中、濁川の山で撮った(プリント紛失)のと・・ハコダテ・サカグチ・カワチに若手女性二人という・・わけのわからんツアー途中に、糠平国道で撮りそこなったのと・・天馬街道でおばさまたちが乗ってて撮りそこなった・・だけなんだよね。

今回まだ若くて・・ものたりないものはありますが・・一応クマタカ・・どーぞ。
c0229170_20411928.jpg
若クマタカ
c0229170_20415018.jpg
この強気のおチビチャンって・・ツミ?ハイタカ?
c0229170_20524312.jpg
来年は成鳥を!
# by mmatomo | 2009-11-13 20:55 | Comments(0)

ノスリの季節

昨日は夜まで仕事。
ブログは・・これから冬のワシタカ特集でいこう・・かと。みなさんの情報・問い合わせなども・・よろしく。

これから多くなるノスリの・・今秋の写真。

ノスリというだけで・・ワンランク下がるよーな気がするので・・秋の風景の一部とか、輝く瞬間?とかを狙うけど・・どーかな?
c0229170_731382.jpg
ターンの瞬間・朝9時頃の光 
c0229170_7314459.jpg
秋の風景
c0229170_732757.jpg
下・渡りのシジュウカラ
# by mmatomo | 2009-11-13 07:38 | Comments(1)

元のブログ

ジオログ
# by mmatomo | 2009-11-12 23:15 | Comments(0)

オオタカとハイタカ・・猛禽の季節(終盤だけど)

シロハヤブサのずんぐり体型とつぶらな黒い眼を見慣れたまともには・・

タカ類の細身と・・ジャンプの「ワンピース」に出てくる「タカの眼のミホーク」のよーな鋭い目が・・すごい新鮮!

まともがオオタカやハイタカ撮るのは・・食うほうも食われるほうも必死な・・この季節だけ。
識別もよーできんけど・・猛禽撮るのは楽しいよね。

あるブログ(愛知県)に、アカアシチョウゲンボウの写真出てたけど・・10年ぐらい前にまともも白神で見たことあります。
昔、叶内さんが・・竜飛でシロオオタカ撮って・・そのフィルムなくしたという悲劇もあったし・・

珍鳥含め・・この季節もう少し・・楽しめるかな?
c0229170_2173613.jpg
 
c0229170_2175420.jpg
 大きさの違いで識別
c0229170_218129.jpg
 タカ・バトルの季節
# by mmatomo | 2009-11-11 21:02 | Comments(3)

北海道の歴史は・・海獣・鯨類とともに。

まとものふるさと・・渡島半島に生きた縄文人は、その食事の6割以上が海の生き物だったらしい。
名取武光の「噴火湾アイヌの捕鯨」によryと・・江戸時代以降のアイヌの人たちも同様で・・

そして今・・室蘭で始まった「クジラ・イルカウオッチング」は、北の体験観光として定着。噴火湾のカマイルカの壮大なジャンプや、羅臼のシャチやマッコウクジラの遊泳はまさに「世界遺産」!

これからはシーズンオフになるけれど・・今年の総集編・・どーぞ。
c0229170_2065672.jpg
  噴火湾のカマイルカ 
c0229170_2081553.jpg
 北海の支配者・シャチ
c0229170_20102897.jpg
 マッコウの大ジャンプ
# by mmatomo | 2009-11-11 20:11 | 自然全般の本 | Comments(0)

思い出の・・シロハヤブサ

1992年冬に渡来し、日本中のウオッチャーにパニックを巻き起こした・・ペアのシロハヤブサ。

まともがつけた・・「もっとも高貴な鳥」(中世ヨーロッパの文献より)という名は・・ワリシンの広告で・・朝日新聞や各週刊誌のウラ表紙など・・席巻しましたねー。

最近はしばらく姿見てないけど・・まともには必ずまた来るという確信があります。
まあ・・当分の間はこのブログで・・未公開写真も登場しますので・・よろしく。

文一出版・・「日本の探鳥地・北海道」の表紙・・あれはイラストなんだけど。
原版とゆーか。。元になったのはこの写真・・どーぞ。
c0229170_23113711.jpg

# by mmatomo | 2009-11-10 23:14 | 北極圏・北海道の本 | Comments(0)