カテゴリ:自然全般の本( 1 )

北海道の歴史は・・海獣・鯨類とともに。

まとものふるさと・・渡島半島に生きた縄文人は、その食事の6割以上が海の生き物だったらしい。
名取武光の「噴火湾アイヌの捕鯨」によryと・・江戸時代以降のアイヌの人たちも同様で・・

そして今・・室蘭で始まった「クジラ・イルカウオッチング」は、北の体験観光として定着。噴火湾のカマイルカの壮大なジャンプや、羅臼のシャチやマッコウクジラの遊泳はまさに「世界遺産」!

これからはシーズンオフになるけれど・・今年の総集編・・どーぞ。
c0229170_2065672.jpg
  噴火湾のカマイルカ 
c0229170_2081553.jpg
 北海の支配者・シャチ
c0229170_20102897.jpg
 マッコウの大ジャンプ
by mmatomo | 2009-11-11 20:11 | 自然全般の本 | Comments(0)