カテゴリ:北極圏・北海道の本( 3 )

シロハヤブサ・・・あのとき

この3枚はすべて・・ポジから変換したもので・・細部のディテイールが出てなくて・・ごめん。原版はまるで違うので・・機会あったら出版物・プリントで・・どーぞ。

これは「口開けスノー」という名前つけてますが・・電柱上であくびするスノー(淡色型・まともがつけた名前)を当時購入したばかりの600mm×2倍エクステンダーで撮りました。アニマ賞、ワリシンの賞金で買った写団ひぐまの備品第一号がこのレンズ。以降重宝しましたが・・なんせ重い。
フィルムは実効感度ISO40!のベルビア。これを1段増感して80で写すんだけど・・今デジタルで・・・400や800とか平気で上げる人いるけど・・いくら暗くても、条件悪くても・・まともには抵抗あって・・できんなー。
c0229170_21470100.jpg


これ・・ホント原版はいいんだけど・・。写真汚れてて・・ごめん。
動きもののピント合わせは・・大変。これは800ミリのマニュアルレンズで・・横にあるダイヤルまわしてピント合わせるとゆー・・懐かしい方式。
上に飛び上がって遠くなったのと・・前方に飛び出し近くなったのが、+-=0で・・ピントが合ったという・・カット。
c0229170_21564766.jpg


これも800ミリに1.4倍のエクステンダー・・・シャッタースピードは60分の1秒ぐらいか?
よくぶれずに・・・これを日本債券信用銀行は・・選考会議の結果・・採用決定。
週間新潮とか朝日新聞・・ほとんどの新聞雑誌で・・「もっとも高貴な鳥」シロハヤブサが出まくりました。

「古き良き時代」でしたねー。
c0229170_223311.jpg

by mmatomo | 2009-11-19 22:05 | 北極圏・北海道の本 | Trackback | Comments(0)

冬の主役(ちょっと昔の)・・ユキホオジロとシロハヤ

砂崎岬の・・シロハヤの飛来・・早いときは11月上旬。もうきてもいいころなんだけど・・。

何が気にいらんのか・・定着しなくなってもう8年・・か。
毎年バス団体案内したけど・・目の前で狩りしてくれたり・・休んだり・・。ガン宣告された人が・・病院出て・・見に来た時も出てくれて・・感激してたねー。
カラスが増えたという人いるけど・・昔のほうが多かったね。。シロハヤのまわりを取り囲んで・・すごかった。
それでも連続10年以上越冬してたんだから。理由は・・まあシロ本人?に聞けばわかるんじゃないか・・と。

昔まともが最初に見たのは・・コウミスズメを陸に追い込み・・猫が獲物をもてあそぶようにように、つかんでは投げしてて・・すごかった。
ウミガラス・エトロフウミスズメとか・・初めて見たのは・・みんなシロハヤのごはんだったからねー。

しばらくは・・当時の状況というか、歴史秘話と・・今冬の最新情報。このブログ要チェック!

↓の写真はすべてポジフィルムから
c0229170_22391379.jpg
  テイクオフ!
c0229170_22393439.jpg
中間型若ウミスズメ襲う
c0229170_22402147.jpg
 みんなが見たいユキホオジロ
by mmatomo | 2009-11-13 22:44 | 北極圏・北海道の本 | Trackback | Comments(0)

思い出の・・シロハヤブサ

1992年冬に渡来し、日本中のウオッチャーにパニックを巻き起こした・・ペアのシロハヤブサ。

まともがつけた・・「もっとも高貴な鳥」(中世ヨーロッパの文献より)という名は・・ワリシンの広告で・・朝日新聞や各週刊誌のウラ表紙など・・席巻しましたねー。

最近はしばらく姿見てないけど・・まともには必ずまた来るという確信があります。
まあ・・当分の間はこのブログで・・未公開写真も登場しますので・・よろしく。

文一出版・・「日本の探鳥地・北海道」の表紙・・あれはイラストなんだけど。
原版とゆーか。。元になったのはこの写真・・どーぞ。
c0229170_23113711.jpg

by mmatomo | 2009-11-10 23:14 | 北極圏・北海道の本 | Trackback | Comments(0)