2016年 11月 23日 ( 1 )

シロフクロウの季節

この冬一番の寒気・・・風もあって・・うっすら雪景色という・・最高の条件なんだけど
・・・・シロハヤ気配なし^^。
先日来たハヤブサさんも・・・まともがおでかけしてる間に行方不明^^。
浜辺は・・・オオセグロ中心のカモメ軍団のみ。ユキホやカッパちゃんも気配なし。
あと・・鹿部にはコクガン20羽。

鹿部といえば・・・シロオオタカやシロフクロウなど、飛来してるので・・要注意。

で・・シロフクロウといえば・・・・最近は・・・サロベツなどで確認されてるけど・・・シロハヤ以上に
見るの困難(函館のフクロウカフェにいるけどー^^)。

まともは・・・どうしても写真欲しかったので・・・バンクーバーまでおでかけしましたが・・・・
ここもいない年は・・まったくだけど・・・2012年は・・・30羽くらい・・わんこが散歩する道路沿い
の河川敷にたむろしてましたねー^^。
c0229170_219922.jpg

繁殖地の餌・・・レミングの増減が影響して・・・5年周期くらいで・・・増えて・・一部が南下
してくるらしい。
幼鳥っぽいのが多かったけど・・・・真っ白のや・・・おじさんみたいなー・・・のもいましたねー^^。

アレから・・5年。今年は当たり年のような気がします^^。

バンクーバーは、海外ツアーとしては安いし・・フクロウ年には・・アルパインさんとか特別ツアー
つくるかも^^ですが・・・・バンクーバーは日本人だらけだし・・ホテルとバウンダリーベイを
たくしーで往復するだけなら・・・十数万で行ける・・・かな?今の料金わからん^^。
旅行会社に聞いてみたらよろし。

以前・・・あるウオッチャーがどうしてもシロフクロウ見たくて・・・忙しいので・・日帰りだか^^
一泊だかで行ったら・・・おやしまれて^^事情聴取されたらしい。
まあ・・・いかに行きやすいとはいえ・・・目的「観光」で日帰りしたら^^・・・麻薬の運び屋と
疑われてもしゃーない・・かと^^納得。

他にこの時期のバンクーバーは・・・アラナミキンクロ・ヒメハジロ・キタホオジロガモなど・・
我が岬で撮ったといえば・・珍鳥^^で通用する鳥さんや・・・
ワシミミズク・ハクガンなどなど・・・公園とかで楽しめるので・・おすすめです。

毎日・・浜辺走り回って消費するガソリン代と・・損耗費・・スピード違反の罰金とか考えたら・・
素直に・・バンクーバー行ったほうが・・安上がりかも^^ね。
どーぞ。
by mmatomo | 2016-11-23 21:46 | Trackback | Comments(0)