2016年 11月 12日 ( 1 )

「愛媛の野鳥」と・・浜辺など

今回のフェスティバルには・・・多数の雑誌など持ち込んだということを書きましたが・・

其の中に・・・まだ使うことあるのに間違って持ってったけど^^・・・並べるとき気づいて回収した
図鑑が1冊^^。

それは「愛媛の野鳥」という・・・1992年に発行された古い図鑑です。
発売時2800円だけど・・・もう二十数年前・・しかも地方の新聞社が出した図鑑なんて・・
今100円くらいかと思うでしょうが^^・・・・
c0229170_21584110.jpg


なんとアマゾンで5千円近く・・1995年の改訂版だと1万円以上します^^。すごい!

人気の理由・・・

で・・なんでまともがこの本を買ったかというと・・「シロハヤブサはほぼ体重と同じ獲物を運べる」
という記述が・・何の資料だったか忘れたけど^^・・あって・・オオセグロや海ガモ・ウミガラスなど
の体重を知り多かった(2月のオオミズナギドリなら903~568グラム・・納得^^。)・・・

で・・この本には全ての鳥さん(愛媛中心だけど)の体重とか・・尾長・フショ長・クチバシの長さ
とかも書いてて・・・バードカービングやるヒトとかの参考にもなるということで・・・。

さらに・・・よく図鑑に学名とか書いてあるけど・・意味わからんですよね。この本には小学生でもわかりやすく書いてて・・他に探鳥地ガイド(北海道はない^^)鳥さんの傷病別処方箋とか持ち方^^(著者バンダーだな^^)
俳句の登場まである・・・すごい図鑑です。

まともも1冊しかないので・・・生きてる間は販売無理ですが・・・貸し出しならできます^^。
どっかの古本屋に合ったら・・・買って・・まともに転売してください^^。どーぞ。

さて・・・今日の浜辺は・・・ハヤブサちょっとだけ。
c0229170_21573454.jpg


小鳥系の・・・ユキホ・ツメナガ・シラガは・・・気配ありません。

駒ケ岳ダムは・・ゲート手前まで入れますが・・・カモぐらいしかいません。
静かで雰囲気いいので・・・過去の失恋の想いとかにひたりながら^^・・・誰も居ない・・晩秋の林道を散策してください・・・冬眠前のヒグマだけ注意^^してね。よろしくー
by mmatomo | 2016-11-12 21:59 | Comments(0)