シマエナガの瞼と・・・渡り

今・・・天売島は・・ユキホオジロとかで・・あふれかえってるらしい^^ええなー・・一人勝ち^^。

行きたいけど・・・この季節・・母を一週間以上放って置いて、なんかあったら^^・・・
母の年金あてにしてるまともは・・悲惨^^。

で・・・先日寺沢さんのFB・・天売島に・・移動中の・シマエナガの群れが・・ワラワラ^^と。

瞼が黄色ということで・・成鳥軍団らしいけど・・・幼鳥の「赤」まぶたって・・・
期間どのくらいで変化するんじゃろ?
c0229170_2042023.jpg

写真はみんな・・がっぱりトリミングなので・・・汚くて^^ごめん。

これじゃーよーわからん^^。先日の生後1ヶ月^^
c0229170_20433835.jpg


冬は・・・みんなキイロだよね?
c0229170_20444574.jpg


瞼は・・・正しくは囲眼輪「いがんりん」というらしい^^。

で・・まぶた・シマエナガで・・ヤフー検索してみたら・・・ナントまとものブログ・・2010年7月23日が
でてきましたー^^・・・
内容は・・・

「シマエナガ。
これ写したのは7月中旬・・顔黒っぽいので幼鳥かと。で・・まぶたが赤いのが気になって、亜璃栖社の図鑑他見ても、黄色としか書いてなくて・・幼鳥だけ赤いのか?

こーいうときは高かった「日本の鳥類と其生態」(昭和9年)の復刻版。コウライシマエナガとか細かい計測データとかは書いてあるけど・・瞼は黄色としか書いてない・・・・。
(ついでに・・この本には必ず「害虫を食べるので益鳥」とか・・「害益」についてさらに「飼い鳥としての価値」についての記述があり・・時代を感じさせますねー)
結局・・叶内さんの「日本の野鳥」見たら・・「幼鳥のまぶたは赤い」と・・さらっと書いてました^^
・・・これはなんか本州のエナガみたいだけど・・まぶた赤い。このときは15分以上つぎつぎに若いのが飛んでいき、カラ類もまじってましたねー。
エナガって尾がすごく長いけど、復刻版には・・北海道のシマエナガは尾が短い!と書いてます。
(欧州や朝鮮のは最長105!樺太ので93、北海道は90の計測値が)」

なんと・・2回買ってどっちもアマゾンで売った^^・・・山階芳麿の「日本の鳥類と其生態」まで引用してる^^
当時のまともって・・・勉強熱心^^すごい。
c0229170_21194738.jpg


で・・・瞼だけでなく・・・大陸と北海道のシマエナガ・・尾の長さの違いまでチェックしてる!

テウリだけじゃない・・・竜飛岬では春秋の渡りで、シマエナガが見られるというし・・白神ではどうなんじゃろ?

尾の長さとか白神での渡りとか出てくると・・もうこれは・・・
じゅん部長の世界^^ですねー^^・・・よろしくー^^。
by mmatomo | 2016-11-17 21:02 | Comments(0)


<< いい写真って・・・ 町有地・・砂崎にシロハヤ神社の... >>